1. TOP
  2. 高山一実
  3. 高山一実の小説「トラペジウム」を合法的に無料で読む方法を探したが・・・

高山一実の小説「トラペジウム」を合法的に無料で読む方法を探したが・・・

この記事では、乃木坂46の高山一実さんの小説デビュー作品「トラペジウム」を、合法的に無料で読むことができるサイト・方法を調べた結果について書いていきます。

結論としては完全無料で読むことは不可能だったのですが、アマゾンのKindleの値段1361円よりも大幅に安く、お得に読むことが出来る方法は見つけることができたので、具体的な方法論に付いての解説です。

「漫画村」などの違法サイトではなく、合法的な方法で誰もが出来る方法、そして上場企業のサービスを利用しますのでご安心ください。

今回紹介するサービスを利用することで、DVD発売直後の新作の映画やドラマ作品も無料で視聴することも可能になるので、無料で「トラぺジウム」を読むことにこだわっている人にとっても、お得な情報を手に入れることができると思います。

知らない人にとってはとても価値がある情報だと思いますので、最後までこの記事を読み進めていただければ嬉しく思います。

高山一実の処女作「トラペジウム」はどんなサイトでお得に読める?

結論を先に書いてしまうのですが、「music.jp」というサービスを活用することで、「トラペジウム」をお得に読むことが可能です。

「music.jp」は以下から登録が可能となっています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「music.jp」の概要とどれだけお得なのか?

最初に「music.jp」の運営会社についてですが、株式会社エムティーアイが運営しており、同社は東京都新宿区に本社を置く携帯電話向けモバイルコンテンツ事業を行う企業です。

2015年3月に東京証券取引所 市場第一部に上場しているので、「music.jp」は上場企業が運営しているサービスになります。

本題に入りますが、どれだけお得に読むことが出来るかというと、「トラぺジウム」を550円で電子書籍として読むことが可能です。

Kibdleの値段が1361円、アマゾンの中古出品の最安値(2019年8月1日現在)657円だったので、550円という値段はかなりお得だと思います。

なぜ大幅に割引されて「トラぺジウム」を読むことが可能なのか?

次からはお得に「トラペジウム」を読むことができる理由の詳細についてになりますが、「music.jp」というサービスは、動画・マンガ・書籍まで、幅広く楽しめる総合配信サービスです。

月額の利用料を支払うことで一定のポイントをもらうことが可能で、そのポイントを利用することで、動画やマンガ・書籍を購入して楽しむことが出来ます。

このようなサービスの特徴ですが、初月無料、無料期間での解約が可能な特典というのが付いていることが多く、「music.jp」も本来は有料のサービスになるのですが、初月は無料での利用が可能となっています。

無料登録でもらえるポイントが、962円分通常ポイント+1,500円分動画ポイントとなっており、漫画や書籍を読むためのポイントが962ポイント、動画を見るためのポイントが1500ポイントです。

「トラペジウム」に関しては、この962ポイントを利用することで、550円というお得な値段で電子書籍として読むことが可能ということです。(トラペジウムの値段が1512円)

あくまで、トラベジウムを読むということで過程をしたら、550円ということになるのですが、

漫画のONE PIECEの最新巻を962円分のポイントを利用することで無料で読んでしまおうとか、色々な使い方ができてしまうので、「トラペジウム」にこだわって利用するサービスではないです。

無料でなければ読みたくない人は、他の漫画や書籍を無料で読めば良いですし、動画ポイントは1500ポイントもらえるので、

例えば、乃木坂46メンバー出演の「あさひなぐ」を1500ポイントの一部を利用することで無料で見てしまうとか色々な活用が可能です。

「トラペジウム」にこだわらなければ、完全無料で映画3本、漫画や書籍1〜2冊は読めるかなと思うので、次に具体的な活用方法について次は解説していきます。

初月で解約しなければ月額料金が発生してしまいますので、無料にこだわっている人は解約を忘れないことだけは注意が必要です。

「music.jp」は以下から登録が可能となっています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「music.jp」の具体的な活用方法は?

962円分通常ポイント+1,500円分動画ポイントを30日間の無料体験でもらえると書きましたが、具体的な活用方法について書いていきます。

962円分通常ポイントは、書籍や漫画、音楽に使えるポイントになり、例えば、漫画のONE PIECEの最新巻2冊を購入すれば、1冊ONE PIECEが451円なので、902円分のポイントを使用することが可能です。

ちなみにですが、僕は、西野亮廣さんが書いた書籍「新・魔法のコンパス」712円にポイントを使ったので、結局は200ポイント以上余らせてしまったのですが、文庫本などの少し安めの書籍であれば、書籍にポイントを使用することも可能です。

本当はキングダムの最新巻などを読みたかったのですが、554円と中途半端な値段だったので断念をしました。

次に、動画ポイントの1500円の活用方法についてですが、映画であれば1作品432円のポイントが必要です。

3作品で1296円分のポイントの使用で、最新映画を3作品楽しむことが可能となっています。

作品も非常に充実しており、この記事は2019年8月1日に書いているのですが、2019年7月24日にDVDが発売になった、「十二人の死にたい子どもたち」といった最新作品の視聴も可能です。

乃木坂46メンバー出演関係の作品で言えば、「あさひなぐ」や白石麻衣さんが出演した「闇金ウシジマくん Part3」など視聴ができます。

残念ながら乃木坂46のドキュメンタリー映画は作品ラインナップにはありませんでした。

ですが、「ハリーポッターシリーズ」や「君の名は」、「カメラを止めるな!」などの話題作品など、相当ニッチでなければかなり作品の種類としてはかなり網羅しているのではないかと思います。

映画は複数作品視聴が可能なので、興味がある方は「music.jp」に登録してみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

\ SNSでシェアしよう! /

乃木坂46の歴史書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

乃木坂46の歴史書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!