1. TOP
  2. 齋藤飛鳥
  3. 乃木坂46の齋藤飛鳥の「俺の嫁」の起源は?いつのライブから始まった?

乃木坂46の齋藤飛鳥の「俺の嫁」の起源は?いつのライブから始まった?

 2019/03/11 齋藤飛鳥  

乃木坂46のライブではいくつかの恒例行事みたいなものがあります。

ライブに行ったことがある人はわかると思いますが、「俺の嫁」や「はーい」など馴染みがある人もいるのではないでしょうか?

ふと、これっていつからファンの間で一般的になったのかわからなかったので、僕なりに調べたことをまとめていきます。

ライブ前の齋藤飛鳥の「俺の嫁」コールとは?

乃木坂46のライブに行くと、ライブ前に「いやいやいやいや、俺の嫁、俺の嫁、齋藤飛鳥・・・そー⤴️」と叫んでいる人がいます。

知らない人は以下をみていただければと思います。

齋藤飛鳥さん自身がこの行為に対して苦言を呈していると言われているので、ファンの間でも賛否が分かれている行為になりますので、色々思うところがある人もいるでしょう。

まず、大前提に「俺の嫁」という言葉の正確な意味ですが、「知ってるだけで恥ずかしい 現代オタク用語の基礎知識」という書籍から、「俺の嫁」の意味を引用させていただきます。

「主に架空のキャラクターに対する愛情表現」と定義される。ただし女性が男性キャラクター(または好きな女性キャラクター)に対して発することもある。

 

さらには二次元キャラクター同士、芸能人などの実在の人物、自動車などの非生物でも成立するようになった。

 

架空のキャラに対する愛情表現。萌え。「俺の妹」「俺の娘」など、発展系は無数に存在する。なお、既婚の男性が自身の妻を指して、二次元的な「俺の嫁」と区別して「リアル嫁」と呼ぶ場合もある。

以上の引用から、オタクが迫害されていた時代に、2次元キャラクターに対して、「俺の嫁」ということで愛情表現を行なっていたのが一般的だったと思います。

なにかの番組でみましたが、「俺の嫁」の誕生日ということで、フィギュアと誕生日ケーキを並べて崇拝するという行為が行われていた記憶も僕の中でありました。

本題に戻りますが、ライブでの起源の前に、齋藤飛鳥さん自身が「俺の嫁」と発言をして広まったことは確かですので、その動画を以下に記載します。

動画の後半で、橋本奈々未さんに対して「俺の嫁です」と発言をしています。

この動画は、「乃木坂ってここ」で放送された映像で、2013年の9月8日放送ですので、「俺の嫁」の始まりは2013年9月8日だと思います。

そして、ライブが始まる前の行動としていつから定着したのか?

これに関しては、正確な情報は見つけることができませんでした。

色々なサイトの記事をみてみましたが最近書かれたものばかりで、2013年、2014年がどうだったかは人の記憶に頼るしかないのかもしれません。

1つ、堀未央奈さんのブログに、コールの文言を載せている人がいたので以下に添付します。

http://blog.nogizaka46.com/miona.hori/2016/10/034765.php

上の画像のコメント欄は、2016年の10月3日に書かれたもので、2016年7月27日発売の「裸足でSummer」で齋藤飛鳥さんがセンターに抜擢された後に書かれたものです。

知名度、注目度から考えても、この時期には「俺の嫁」のコールの文化が一般化していたのではないかと僕は考えました。

「俺の嫁」の始まりは2013年の9月8日と書きましたが、齋藤飛鳥さんが選抜に復帰したのが11thシングルからなので、11thシングル「命が美しい」(2015年3月18日)リリースあたりから、「俺の嫁」の定着は怪しいのではないかとも考えることもできます。

以上のことから、2015年〜2016年にライブが始まる前の「俺の嫁」が定着したのではないかと僕は仮説を立てました。

齋藤飛鳥さんが選抜に定着する前から、「俺の嫁」はアンダーライブでも行われていたかもしれないので、もし、詳しい情報を知っている方が言れば、

この記事のお問い合わせより情報提供いただければ、記事に追記しますので、この事案に関して詳しい人は、以下より情報提供をお願いいたします。

お問い合わせ

ライブ前の「はーい」はいつから始まった?

俺の嫁と同様に、乃木坂46のライブで恒例となっているのが乃木坂46のメンバーの影ナレでの注意事項をアナウンスする際の「はーい」という返事です。

「はーい」関連の動画を2個添付します。

この動画は2015年12月20日に開催された乃木坂46のライブ、「Merry X’mas Show 2015」での影ナレの場面での返事になります。

映像で確認できる「はーい」のわりかし古い映像です。

そのほかにもライブ映像などをみてみましたが、いつからなのかは正直わかりませんでした。

2015年より前に、すでに「はーい」と言う返事は行われていたみたいですが、決定的な証拠として資料として添付ができるものはありませんでしたので、この件に関しても正確にはわかりません。

この件に関しても、詳しく知っている人がいれば以下より情報提供をお願いいたします。

お問い合わせ

この「はーい」に関しては、メンバーの白石麻衣さんもノリノリでこの行為に対して乗っているので、メンバーとファンとの共通のコミュニケーションとして、1つの文化として受け入れられているのではないかと思います。

僕は上海のライブなどには行っていないので上海でも、影ナレでの「はーい」が行われたのかわからないですが、やはりどちらかと言うと、上海でも「俺の嫁」はライブ前でも行われていたようなので、

メンバーもファンも公認の「はーい」と、メンバーで嫌悪感を持っている人もいる「俺の嫁」この2つは、乃木坂のライブの文化として絶大な力があるなとこの記事を書いていて改めて思いました。

上海で行われた「俺の嫁」を最後に添付してこの記事を締めようと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

乃木坂46の歴史書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

乃木坂46の歴史書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 乃木坂46の「sing out」は何故ヒット曲にならず失敗に終わったのか?

  • 乃木坂46の歴史書〜設立の経緯

  • 乃木オタの友人にプレゼントをするときのおすすめの物は?

  • 衛藤美彩の雑音発言と源田壮亮との交際発表で見えてきたもの!!

  • 北野日奈子が15thシングル裸足でSummerで選抜復帰できた理由!!

  • 乃木坂46史上最大の事件はやはり松村沙友理の不倫?