1. TOP
  2. 乃木坂46
  3. 乃木坂46史上最大の事件はやはり松村沙友理の不倫?

乃木坂46史上最大の事件はやはり松村沙友理の不倫?

 2018/08/14 乃木坂46 事件 松村沙友理  

2011年8月21日に結成された乃木坂46。

この記事は2018年8月14日に書いていますが、7年間アイドルが活動していれば様々な事件や出来事があります。

バレッタ3回事件、東京ドームのカメラ落下、そして松村沙友理の不倫。

この記事では乃木坂46を語る上で外すことが出来ない史上最大の事件について書いていきます。

2014年〜松村沙友理の不倫発覚から紅白歌合戦落選まで

乃木坂46にとっての史上最悪の事件は松村沙友理さんの不倫発覚からの、紅白歌合戦落選だと僕は思います。

詳細についてはこの動画で述べられているので、事件の詳細を確認して欲しいのですが、この事件発覚からの一連の流れが、乃木坂46史上最大の悲劇であり事件だと思います。

一連の流れの超短縮的に動画で報道しているのは以下の動画です。

事の発端は、松村沙友理さんの集英社編集者との不倫にありますが、この不倫報道に対する釈明のラジオが週刊文春をキレさせさらに攻撃されたと言われています。

釈明ラジオ後、畠中清羅さん、大和里菜さんに週刊文春に熱愛記事が掲載され、さらに、大和里菜さんに至っては未成年飲酒が発覚する結果となりました。

未成年飲酒は法律では本人に対する罰則がないことから、学校などで社会的制裁を受けるというのが一般的です。

停学や退学と言った処分や、仕事をしているのであれば解雇などされる場合もあります。

元モーニング娘。の加護亜依さんは、2度の未成年喫煙発覚で事務所を解雇されています。

大和里菜さんは当時19歳ということもあり、乃木坂46の事務所が契約を更新しないという形で実質の解雇となりました。

そして、その余波は本人の処分だけには止まらず、紅白歌合戦内定報道から一点落選へとつながりました。

日刊スポーツなどの3社が乃木坂46の紅白歌合戦の内定報道を行っていることから、関係者からの紅白歌合戦に出場がほぼ決まっていたと、信憑性の高い情報があったのではないかと言われています。

2014年に紅白歌合戦に出場したアイドルグループを見ても、SKE48、NMB48、HKT48よりもCDの売上では上回っており、

『気づいたら片想い』『夏のFree&Easy』『何度目の青空か?』の同年リリース作品の3作全てが売上50万枚を突破しています。

2014年に初出場したHKT48よりも、CDの売上に関しては約25万枚も上回っていたことから、未成年飲酒というクリーンではないグループを、紅白歌合戦の内定から一点落選という結果に繋がった可能性が高いです。

結果、紅白歌合戦落選となり、以下の動画のような暗い状態になってしまいました。

順調に坂を登っていた乃木坂46にとって最大級で最悪の悲劇。

松村沙友理さんの不倫からの紅白歌合戦落選だと感じている乃木坂46のファンの人も多いのではないでしょうか。

乃木坂46の3大事件と言われたら、この松村沙友理さんの不倫をあげる人は本当に多いのではないかと思います。

乃木坂46の他の3大事件、バレッタ3回事件について知りたい方は以下をチェックしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

乃木坂46の歴史書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

乃木坂46の歴史書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 乃木坂46の運営の無能エピソード(WEB関連)!!

  • 乃木坂46の運営は有能なのか?無能なのか?客観的な視点で判断してみた!!

  • 乃木坂46の松村沙友理が卒業するとまとめサイトにて書いてあった!!

  • 乃木坂46の歴史上語ってはいけないバレッタ3回事件!!

  • 乃木坂46の「青学事件」とは一体どんな事件だったの?

  • 乃木坂46オタク(乃木オタ)の卒業について真剣に考えて見た!!